活用事例

Algae Science Japanで培養する微細藻類は、お客様や事業パートナーの使用用途に合わせて“カタチ”を変えてご提供することが可能になります。

《燃料系活用》

《その他活用》

微細藻類から産生される抗酸化成分

微細藻類が産生する【アスタキサンチン】が高い【抗酸化作用】を有し、紫外線や血中脂質の過酸化から生体を防御する作用があると報告され、医療や健康分野からの注目が集まっています。

微細藻類(ヘマトコッカスなど)が産生する【アスタキサンチン】は、β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で天然色素になります。イクラ、エビ、カニ、ロブスターなどが赤いのは、このアスタキサンチンによる着色なのです。

自然界におけるカロテノイドの生理作用は多岐にわたり、光合成における補助集光作用、光保護作用や抗酸化作用等で重要な役割を果たします。また、ヒトをはじめとする動物の必須栄養素であるビタミンAの前駆体となるほか、近年ではがんや心臓病の予防効果も報告されています。

なかでもヘマトコッカスの培養時に環境ストレスを与えることで、体内にためる【アスタキサンチンの抗酸化作用】は、他成分と比較しても非常に優れており、活性酸素を消去するなど抑制効果があるため、「老化予防」「眼精疲労・筋肉疲労抑制」「動脈硬化予防」などが期待できる成分として、医薬品や機能性食材への活用が有望視されています。

ページのトップへ戻る